denim bridge

ジーンズを育てる楽しみを味わってください!

ジーンズ作りの過程

お知らせ

More

ボタン&リベットはこれで決まり!

110301

ボタンとリベットを決定したのでご紹介します。

トップボタン

110305

110313

110308

UNION MADE
YKKスナップファスナーがオールドボタンを再生したモデルです。
カタログによると

「2プロングタイプでも2本の爪をガイドするS字状のワイヤーを内部に設けてある、手の込んだオールドボタンを再現」

「使い古して擦れたような色や酸化色に加え、鉄錆の雰囲気をもちながら安心して使えるよう真鍮をベースに塗装で赤錆を再現」
とのこと。

出っ張っているUNION MADEの文字の部分から擦れて、塗装が剥げてくるのかな~と想像しています。
いい雰囲気になりそうですね。

先日、古着屋に行った時に店主さんに見てもらったら「YKKってこんな味のあるボタンを作ってるんだ!!やるな~」と感心していました。

リベット

110306

110312

110311

UNIVERSAL刻印入りの銅製のリベット

打ち抜き式でデニムが飛び出すのがたまりません。

表側にもUNIVERSALの刻印が入っているものは、初めて見ました。
皆さんも見た事がなかったのでは!?

フラットなものよりも、こうした刻印が入っている方が、錆びなどが出てきた時に、いい表情になるはずです。

私的に、トップボタンのUNION MADEよりも期待大です。

フロントボタン

110307

110309

110310

フロントボタンは、アタリの出やすい形状のものを選びました。

こんなアタリ感を目指します。
091106

詳しくは、こちらをご覧ください。

アタリの出やすいフロントボタンの形状

そして、このボタンのもう一つの特徴は、よくある刻印入りのタイプのものに比べて、背が高い事です。

そう!
その分、表にアタリが付きやすいという事です。

このフロントボタンは、穿いた状態では当然見えませんが、色落ちで存在を主張してくれるでしょう。

このボタン、いい仕事をしてくれそうです。

隠しリベット

バックポケットの隠しリベットには、通常、こんな感じのそれ用のリベットを使用します。
090712

ビンテージジーンズでは、様々なリベットが使用されているようです。
リーバイス S501XX(大戦モデル) オリジナル ビンテージ アフター |hands-on 日記
リーバイス501XX(55モデル) オリジナル ビンテージ2 |hands-on 日記
リーバイス501XX(47モデル) オリジナル ビンテージ2|hands-on 日記
解体しないと分からない事ですね。

しかし、私のジーンズ「bridge」では、他の部分と同じリベットを使用します。
こんなイメージです。
090713
※写真は1st Sample Jeansに打ったリベットで、2nd Sample Jeansには上記のUNIVERSAL刻印入りのものを使用します。

これだと、丸いタイプに比べて、バックポケットの生地を突き抜け易いかもしれません。

ボロボロになるまで穿き込んだとき、リベットの突起が顔を出す。
そんなことを想像しています。

そこまで穿き込むことは、そうそうないとは思いますが・・・。

追記

このボタン、リベットの決定にあたり、YKKスナップファスナーのスズキさんには大変お世話になりました。

サンプルの用意、色のアドバイス、形状・素材・構造の説明などなど、とても助かり、とても勉強になりました。

スズキさん、ありがとうございました。

いつか、「bridge」オリジナルボタンの相談に乗って下さい!(夢)

生地サンプル・無料配布中!

生地サンプル・無料配布中!
現在、2種類ある生地のサンプルを無料で配布中です。 各デニムの特徴を肌で感じてみてください!