denim bridge

ジーンズを育てる楽しみを味わってください!

bridge 1stの色落ち

bridge 穿き込み1013.5時間、洗濯35回の色落ち。

今月あたまに、bridgeの初回生産分(ファーストロット)を岡山にオーダーしました。
工場の都合などから、完成まで2か月ほどかかると言われています。
工場で縫う時にの見本にするために、現在、私が穿き込み中のbridge最終サンプルを岡山に送る事になったので、その前に写真を撮りました。

ご覧ください!

データ

  • 穿き込み期間:2013年、4月10日から10月3日まで
  • 穿き込み日数:76日
  • 穿き込み時間:1013.5時間
  • 洗濯回数:35回
  • 洗濯方法:洗濯機で、表向きや裏向き、洗剤入れたり入れなかったり。

夏場にずっと穿いていたので、洗濯頻度はかなり多めです。
35回も洗っている割には、この生地の特徴の「くすみのない青味」がしっかり残っています。
いい生地を選べたな~と、あらためて感じています。
(それにしても、2か月半でここまで色落ちするとは、我ながらビックリです。)

写真をご覧ください!

後ろ全体。
キレイな脚のラインが出ています。
クセのないスムーズなテーパードシルエット。
0C6A8685

前全体。
左脚のねじれて前にせり出してくるミミのラインがお気に入り。
しっかり洗っているので、白地がキレイです。
0C6A8686

バックポケットのバランス、いいと思います。
0C6A8687

ヒザ裏のアタリ。
ガンガンに洗った割に、きちんとアタリが出ました。
参考にした501XXよりヒザ周りを細くしたことが影響していると思います。
0C6A8688

0C6A8689

コシ周り。
ゆとりがある為、シワがくっきりとはいきませんでした。
今度は、ジャストサイズで穿いてみたいです。
0C6A8694

モモ周辺。
将来有望な下がりヒゲが出てきました。
ヒザ横のシワのいい感じ!
0C6A8695

0C6A8696

スソ周辺。
クッション落ちは、まだ少し・・・。
ここは、時間がかかりそうです。
0C6A8697

0C6A8698

存在を主張するフロントボタン
0C6A8699

ミミ使いのコインポケット。
ミミに沿って色落ちしているのが見てとれます。
0C6A8702

ミミのラインにヒザ横の皺。
0C6A8703

右脚のインシーム。
エッジに凹凸が出るように縫製を工夫しています。
色落ちでも伝わりますよね!?
0C6A8704

革パッチ。
文句がありません。
0C6A8708

白いピスネーム(タブ)
0C6A8709

隠しリベット部分のアタリ。
縫製糸が完全に切れています。
0C6A8710

0C6A8713

トランシーバーの跡。
2色使いの飾りステッチですが、穿き込み洗い込むことで色が近づいてきました。
0C6A8711

ヨーク部分のパッカリングが美しいです。
この縫製も2色使いですが違いが分かりづらく変化。
0C6A8712

生地のアップ。
織りと糸自体のムラが作り出す、絶妙なタテ落ち感。
きれいな「青」
0C6A8714

私が心底自慢できる、いいジーンズに仕上がっています。