ジーンズ作りの過程, 革パッチ選び

革のサンプルと洗濯テスト

060702

先日、パッチ用の革の相談に行ってきた際にいただいてきた、革のサンプルを簡単にご紹介します。

革は全部で10種類。
すべて、革製品用にエムピウの村上さんが仕入れているものなので、品質は折り紙つきです。
061201

それぞれの写真です。
061202

061203

061204

061205

061206

061207

061208

061209

061210

061211

私がとても心配している事は、洗濯、乾燥でどう変化するのか。

特に、縮み過ぎてジーンズのシルエットを崩したり、すぐに取れてしまうものは避けたいです。

あまり縮まらず、穿き込むにつれてエイジングしていくものが理想です。

試しに、洗濯テストをしてみました。

方法は、パッチのサイズに切りだして、洗濯機で洗濯、室内で乾燥です。(2回繰り返し)

結果はこちら。

洗濯、乾燥前。
061212

洗濯、乾燥後。
061213

縮みは縦横で1~2ミリ。
色味は、変わるものと変わらないものが。
硬さはあまり変化なし。
艶は、少なくなるもの、変わらないもの。

全体に言えるのは、想像以上に変化が少なかったです。

これなら、いけるかも!!

この10種類以外にも、とても気になる革があります。

今、使っている財布の革。
060715

使ってみて気が付いたんですが、この質感たまりません。
エイジングも楽しめそうです。

次に工房におじゃまする際に、この革が使えるのか、相談してみるつもりです。