denim bridge

ジーンズを育てる楽しみを味わってください!

ジーンズ作りの過程 ( 2 )

今までのジーンズ作りの過程をピックアップしています。
コツコツと丹念に積み重ねるように。

ピスネーム決定!

ピスネーム決定!

4つあったピスネームの候補から、1つに決定しました。 白い下地に白い文字で「BRIDGE」と入ったピスネームです。 白といっても微妙な違いが色々あって、打ち合わせだけで私のイメージ通りの物を作るのは難しいと判断して、 4パターンの実物サンプルを作ってもらいました。 雰囲気のチェックのため、バックポケットを自作して縫いつ...
ボタン&リベットはこれで決まり!

ボタン&リベットはこれで決まり!

ボタンとリベットを決定したのでご紹介します。 トップボタン UNION MADE YKKスナップファスナーがオールドボタンを再生したモデルです。 カタログによると 「2プロングタイプでも2本の爪をガイドするS字状のワイヤーを内部に設けてある、手の込んだオールドボタンを再現」 「使い古して擦れたような色や酸化色に加え、鉄...
「かけ橋」という名のデニム

「かけ橋」という名のデニム

私のジーンズは かけ橋という名のデニム 「bridge」 と命名します。 私とジーンズを結び付けてくれた 私とジーンズの間に橋を渡してくれた すべての出会いに感謝します。 感謝の気持ちを決して忘れません。 そして、私のデニム「bridge」が、誰かの、何かの「かけ橋」になる事を強く願います。
革パッチに焼印を

革パッチに焼印を

先日、エムピウさんのご協力で、革パッチに焼印を入れてきました。 革を抜くための型を作りました。 自分でカッターなり、ハサミなりで切りだしてもよかったんですが、次の工程の為に正確な大きさにしたかったんです。 抜いてから1ミリ厚に漉いてもらいました。 思い切って100枚!! 手間をかけてもらうので、少ない数を何回もというわ...
2nd Sample Jeans 打ち合わせの様子

2nd Sample Jeans 打ち合わせの様子

岡山の縫製工場SPYさんで、2nd Sample Jeans の打ち合わせをした時の様子をレポートします。 以前訪れて見学させてもらった時の様子は、こちら。 岡山の縫製工場SPYに行ってきた|denimba 今回は、打ち合わせです。 私がデッドストックから穿き込んでいる、リーバイス501XXを持ち込みました。 3人でジ...
ピスネームの素材

ピスネームの素材

ピスネームの素材は、レーヨンとポリエステルの混合です。 私は、「レーヨン100%がクタッとなりやすい」というイメージがありました。 雑誌などの影響でしょうか・・・。 打ち合わせの際にレーヨン100%で作れますか?と聞いたところ、「できますけど、最低・・・枚の注文が必要です」と。 目玉が飛び出して世界一周してしまうんじゃ...
革パッチ・ミネルバ リスシオ1ミリ厚(洗濯7回、着用100時間)

革パッチ・ミネルバ リスシオ1ミリ厚(洗濯7回、着用100時間)

現在、1ミリの厚みにしたミネルバ リスシオをジーンズに縫いつけて、着用・洗濯テストをしています。 前回のレポートはこちら。 革の厚みを1ミリにして、こすってみた。 まずは前回の写真、洗濯1回と2回のものをご覧ください。 洗濯1回 洗濯2回 そして今回の写真は、洗濯7回、着用100時間のものです。 乾燥後、布で少しこすっ...
隠しリベット部分のアタリ感、研究中

隠しリベット部分のアタリ感、研究中

私のジーンズのバックポケットは、隠しリベット仕様にします。 現在、隠しリベット部分のアタリ感、色落ちを研究中です。 バックポケットを解体をして、縫い方、生地のたたみ方、リベットの種類、リベットの打つ位置などを調べています。 理想のアタリ、色落ち感を出すために、自分でできる事は徹底的にやります。
皆さんなら、どの生地でジーンズを作りますか!?

皆さんなら、どの生地でジーンズを作りますか!?

7種類から4種類に絞った生地。 みなさんなら、どの生地でジーンズを作りますか? ぜひ、私と一緒に悩んでみて下さい!(笑) 4つの生地について、整理します。 水を通していない、生の生地 左からB(13オンス)、C(13.5オンス)、E(14オンス)、G(15オンス) 表 裏 ミミの構造 B(13オンス) C(13.5オン...
縫製糸の退色テスト・1

縫製糸の退色テスト・1

縫製糸の退色テストをしています。 詳しくは、前回の「縫製糸の退色テスト(準備編)」をご覧ください。 テスト方法は、ひたすら洗濯を繰り返すというもの。 カミさんに頼んで、普段の洗濯物と一緒に洗ってもらっていました。 写真を撮ったのでご覧ください。 左が「気になる縫製糸」、中央が未洗いの「気になる縫製糸」、右が綿糸。 もと...