Custom bridge

<Custom bridge>Antique Typeの基本仕様

<カスタムブリッジ>アンティークタイプの基本仕様について解説します。

基本価格:27100円(税抜)
ベルトループ、バックシンチ、サスペンダーボタン込みの価格です。
※バックシンチとサスペンダーボタンを不要にして価格を下げる事が出来ます。(-1600円で25500円に)

従来のbridge SAをご存じの方へ
<bridge Custom>のサービスでは、基本価格を下げるために、足踏みミシンではなくモーターの付いたミシンで縫います。(縫えるスピードが全然違うため)
足踏みミシンでの製作をご希望の方は、+2500円で承ります。

概要

  • マイクロピッチのシングルステッチ縫製
  • バックポケット
  • 打ち抜き&頭潰しリベット
  • ベルトループ
  • コインポケット
  • キバタのセルビッチデニム
  • サスペンダーボタンとトップボタン
  • ボタンフライ
  • パッチ
  • ピスネーム
  • スレキにDENIM-BASEネーム
  • バックシンチ
  • オプション

詳細

マイクロピッチのシングルステッチ縫製

1800年代、1900年代初頭のジーンズを参考に、ほとんどの縫製をマイクロピッチのシングルステッチで行います。
ほぼシングルステッチミシン1台のみで縫いあげるので、手間と時間がかかる作り方です。
縫製糸の色は、薄茶色のみで縫います。

シングルステッチ縫製の特徴的な部分

<ヨークとお尻の巻き縫い部分>
通常、この部分はラッパと言われるアタッチメントを使って、専門のチェーンステッチミシンで縫います。しかし、Antique Typeではこの部分をシングルステッチミシンで縫います。

<ウエストの帯部分>
通常、この部分も アタッチメントを使って、専門のチェーンステッチミシンで縫います。
しかし、Antique Typeではこの部分をシングルステッチミシンで縫います。
ウエスト帯の生地を縫い継いでいるのも特徴の一つです。

生地端をかがらず、切りっぱなしの部分

ご希望の方には、Vintage typeの様に切りっぱなし部分がないように縫う事も可能です。
オーダーの際にお伝えください。

バックポケット

バックポケットは、むき出しリベット仕様です。

飾りステッチは単色。

打ち抜き&頭潰しリベット

Anteque Type (アンティークタイプ)では、打ち抜きリベットの頭を潰して仕上げています。
頭のポンチ穴もアンティークな雰囲気を引き立てます。

リベットは3種類から選択可能です。

ベルトループ

2種類のベルトループをご用意。
シングルステッチループとダブルステッチループ

シングルステッチループの場合は、縫い付けもシングルステッチで行います。

ダブルステッチループの場合は、縫い付けはカン止めで行います。

ループなしも選択可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

コインポケット

大きめのコインポケットが、高い位置(ウエストに近い)に付きます。

コインポケット口は耳使い。

キバタのセルビッチデニム

防縮加工、ねじれ防止加工をしていないセルビッチデニムを使用。
このため、洗い後に大きく縮み、ねじれも出ます。

生地は4種類から選択可能です。詳しくはこちらをご確認ください。

サスペンダーボタンとトップボタン

Antique Typeは、標準でサスペンダーボタンが付きますが、オーダー時にサスペンダーボタン不要にすれば価格を下げる事が出来ます。(-600円)

サスペンダーボタンとトップボタンは3種類ご用意しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

ボタンフライ

ボタンフライ仕様です。

フロントボタンは4種類かから選択可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。

パッチ

紙パッチと革パッチをご用意。

革パッチの素材は、イタリア産の高級皮革「ミネルバリスシオ」。色はイエロー。
本来、財布やバックなどの革製品に使われるものですが、ジーンズに縫いつけると、独自なエイジングを楽しめます。

この革は、経年変化が激しいので、日光や傷から守る為、遮光布で覆います。
なるべく無垢な状態でお届けするので、エイジングを存分に楽しんでください。

革パッチはいくつかのデザインから選択、もしくはオリジナルデザインで作ることも可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。

ピスネーム

bridge文字入りの白レーヨンピスネームと、汎用の赤レーヨンピスネームをご用意

レーヨンのネームは、洗うと丸まったり折れたりしてきます。
<洗い後の例>

ピスネーム無しにもできます。

スレキにDENIM-BASEネーム

この他、オリーブ色のヘリンボーン生地もご用意。

USNで多用されていたヘリンボーンツイルを、組織だけではなく染めまで再現した逸品。

バックシンチ

Antique Typeには標準でバックシンチが付きますが、オーダー時にシンチ不要にすれば価格を下げる事が出来ます。(-1000円)

バックルは2種類ご用意。

<ラウンドタイプのバックル>

<針タイプのバックル>

針タイプは、人や物などを傷つける可能性のある、大変危険なものです。例えば、指をひっかけて怪我をしたり、車のシートに傷を付けるなど、いろいろな可能性があります。
当店は、このバックルによる事故・損傷等、いかなる損害を負いかねます。
以上の事をご理解いただいた上で、お客様の自己責任でお選びください。

例えば私の場合、子供をおんぶして降ろす時や、車に乗る時などに気を使います。
お客様にいただいたアドバイスですが、対策として、針先がデニムを突き破ったら、針先をヤスリなどで丸めるといいそうです。いずれにせよ”危険なもの”という点に変わりありません。

オプション

<bridge Custom Jeans>では、カスタムのオプションをご用意しています。
以下のリンク先をご参照ください。

製作までの流れ

Custom bridgeのオーダー

以下のリンクからCustom bridge Jeans のお見積もりをご自身だけで確認できます。
また、その内容を当店へ送信すれば、オーダーの依頼、カスタムの相談も可能です。
まずはお気軽に何でもご相談ください!

このオーダーページでエラーが出る場合は、フォームからのオーダー、ご相談も可能です。
ご利用ください。