denim bridge

ジーンズを育てる楽しみを味わってください!

bridge 2nd

お知らせ

More

bridge展「番外編」

2016年7月22日(金)、23日(土)、24日(日)の3日間で開催したbridgeの試着&受注&色落ちサンプル展示会。

会期中に撮った写真を5回に分けて紹介してきましたが、今回は「番外編」です。

実は、私のお馬鹿なミスで会場に持ち込み損ねたbridge 2ndがあったんです。(けんさん、すみませんでした・・・)
この色落ちをご来場の皆さんに見てもらえなかったのは、とても悔やまれます。

ここでぜひご覧ください。

全体写真


後ろの表情がここまで豊かなジーンズは少ないです。かなり体を動かす方なのでしょう。

後ろ


ヒザ下から腰にかけて、しっかり色抜けしています。

クローズアップ写真

お尻


洗濯も充分している印象です。ヨークのパッカリング、飾りステッチの糸切れ、ステッチの跡に残るインディゴブルー。良いですね!

革パッチ


脂が抜けて乾いている感じです。元の色は白っぽいベージュでした。このアタリの付き方だと、ベルトなしで穿いていたと想像します。

ベルトループ


ダブルステッチ間が色落ちしています。幅がやや細めの中盛り仕様です。

バックポケット


擦り切れた飾りステッチ

ステッチが切れても、青い線で痕跡を残しています。


ポケット外周は、私がリペアしています。綿糸の糸切れはそのまま残して、目立たない糸で補強しています。

ピスネーム


初期のbridgeで使っていたピスネームです。現行品のようにクタッとはしませんが、最初は目立たない「BRIDGE」の文字が、穿き込むにつれて浮かんでくるという面白い効果がありました。

隠しリベット部分


膨らみにいいアタリが付いています。

ポケット角


デニムのタテ糸が完全に切れてヨコ糸だけになっています。

モモ裏



お尻中心に向かって細かいヒゲが出ています。あまり見ない出方です。
少し下がると、強く出たヒゲも。

ヒザ裏


自然なハチの巣ですね。

アキレス腱付近


狙っても出ないヒゲ。


見惚れる立体感です。コントラストが美しい。

前腰


右腰に白っぽいペンキ?跡が見えます。
裾にもありました。

フロントボタンのアタリ


下二つのボタンのアタリがクッキリ。



流れるような動きのあるヒゲ。

モモの下がりヒゲ



ヒザ頭に向かってシャープに入っています。
立体感がありますが、洗って乾かしてこの状態です。いかに、このジーンズが着用者の体・動きを覚えているのかが分かります。
まさに身体の一部!

脚のライン

モモの内側



ヒゲとインシームのアタリがたまりません。

最後に

以上、bridge展「番外編」でした。

このbridge 2ndを飾れなかったのは、本当に悔やまれます。来月開催のdenimba展in大阪にリベンジで飾るので、ご来場予定の方はお楽しみに!

最後に、bridge展関係の記事をまとめておきます。
bridge展初日
bridge展2日目
bridge展3日目に撮った写真。bridge 1st 編。 | denim bridge
bridge展3日目に撮った写真。bridge 2nd, 2nd CR編 | denim bridge
bridge展3日目に撮った写真。bridge 3rd編

今年も、どこかのタイミングでbridge展を開催するつもりです!

生地サンプル・無料配布中!

生地サンプル・無料配布中!
現在、2種類ある生地のサンプルを無料で配布中です。 各デニムの特徴を肌で感じてみてください!

bridge 2nd CR /01ってどんなジーンズ?

fleximg

腰・モモ周りにゆとりのある、弱テーパード・ストレートモデル。

私がデッドストックから穿き込んだ60年代初期のリーバイス501XXをベースに、腰・モモ周り・脚のラインをわずかに絞り、裾に向けて緩やかにテーパーをかけてあります。ジャストで穿けば意外とすっきり、ダボっと穿けばXXっぽさが出てきます。
※1st, 2nd, 2nd CRは同じシルエットです。

ゆとりが生み出す、モモの下がりヒゲ、全体のドレープ感によって、ヴィンテージライクな色落ちに育ちます。

本体価格:22000円(税抜)

徹底解説「bridge 2nd CRってどんなジーンズ?」 実際の色落ちを見る 着用写真をチェック 3rdと2nd CRのシルエットを比較する ウェブストアで在庫を確認する