denim bridge

ジーンズを育てる楽しみを味わってください!

縫製

お知らせ

More

「ステッチのピッチとパッカリングの関係」研究(準備編)

例えばバックポケットのこの部分。

072704

ナイス、パッカリング!

私の経験上、この部分のパッカリングがキレイに出る出ないは、ステッチのピッチと関係があるのでは!?と推測しています。

実際に同条件でステッチのピッチだけを変えて、実験、研究してみます。

実験方法はこちら。

まずは、バックポケットから型を取ります。
082210

折れ曲がりの角度が同じになるように。
082211

それを、デニムに写し取って切りだす。
082212

082213

アイロンをしっかり当てて折り返して
082214

縫ってみました。
6パターンのピッチで縫っています。
左上から右下に向けてだんだんピッチが細かくなっています。
082216
う~ん・・・。微妙。
生地端からの距離もバラバラだし、ステッチ間の幅もバラバラ。
しかも、これってデニム生地の土台の上に縫いつけないとダメなんじゃない?
(相変わらず、頭が弱いです)

と言うわけで初めからやり直しました。

今度は、成功!!
左上から右下に向かって、ピッチが大きくなっています。
082902

アップの写真です。
ピッチの違いが一目瞭然。
082903

082904

今後は、これを洗い込んで、どれだけ違いが出るのか検証してみます。

分かりづらかったら、均等に加工して、違いを分かりやすくしてみる予定です。

パッカリングがキレイに出るジーンズが作りたいんです!!

生地サンプル・無料配布中!

生地サンプル・無料配布中!
現在、2種類ある生地のサンプルを無料で配布中です。 各デニムの特徴を肌で感じてみてください!