denim bridge

ジーンズを育てる楽しみを味わってください!

bridge 1stの色落ち

お知らせ

More

Yさんのbridge 1stとリペア

Yさんのbridge 1st がリペアで帰ってきました。
リペアが必要と言う事は、壊れているわけで、本来は好ましくないはずです。
しかし私的には、お客様の穿き込みを感じられることができて、嬉しくなったりします。
不謹慎ですね(笑)

Yさんのbridge 1st の写真を撮らせてもらったので、ご覧ください。

着用データ

  • 着用時間:毎日20時から朝まで。休日は1日中。
  • 洗濯:汚れが気になったら、アタックで表向きのまま

写真

全体

IMG_9581
ヒゲ落ちはまだですが、耳や裾のアタリから、洗っている感じが伝わってきます。

IMG_9580
ウエスト、バックヨーク、バックポケットのパッカリングで出ていますね。

腰周辺

IMG_9588

革パッチ

IMG_9590
乾いた感じです。このままでもよし、擦って艶を出してもよし、オイルを入れてもよし。お好みで育ててやって下さい。

隠しリベットのアタリ

IMG_9592
まだこれからです。

ピスネーム

IMG_9591
白い下地に白文字の為、読みづらいです。穿き込むにつれて文字が浮かび上がってくるはずです。

バックポケットの外周

IMG_9593
いい感じのパッカリングが出てきそうです。

バックヨーク

IMG_9594
巻き縫いステッチの2色使いが、まだ確認できます。穿き込み洗い込む事で、色の違いが分からなくなります。

コインポケット

IMG_9595
耳のアタリの兆しが。

モモ周辺

IMG_9598
IMG_9599
耳のアタリが出てきています。

スソ

IMG_9600
IMG_9601
すんごく、キレイで見とれてしまう色落ちです。理想的なウネウネ具合。

リペア箇所

最後になりますが、リペア箇所です。
小股のステッチ切れです。
上糸が残っているので、表から見ると大丈夫ですが
IMG_9596

開くとこんな
IMG_9597

bridge 1stと2ndは、この部分が弱いです。製作する際に参考にした60年代のリーバイス501XXの通りに縫製を再現している為です。具体的には、細い糸でひと筆縫いになっていて、強度が低く切れやすいです。
(2ndの新バージョンでは、強度を出す仕様に変更します。)

リペア後の写真がこちら
IMG_9621

brdigeのリペアですが、私の出来る範囲なら無料で行います。仕上がりは、無料レベルです。
リペアのご相談は、メールで写真を添付してもらうと助かります。
なるべく頑張りますが、私では厳しい場合は、お客様各自で、業者にあたってもらう事になります。
brdigeは、作りに癖がある為、bridgeを知り尽くしているhands-onさんがベストだとは思います。

余談ですが、ヴィンテージジーンズを愛用する人の中には、フロントボタンの一番下は外さない、という人がいるそうです。
小股のステッチが切れやすいのを知っているんですね。
なるほどっ!

最後に

Yさん
久しぶりに、Yさんのbridgeに会えて、よかったです。
リペアもしましたし、これで心おきなく、洗濯・穿き込みできますね!

ありがとうございました。

shingo

生地サンプル・無料配布中!

生地サンプル・無料配布中!
現在、2種類ある生地のサンプルを無料で配布中です。 各デニムの特徴を肌で感じてみてください!

bridge 2nd CR /01ってどんなジーンズ?

fleximg

腰・モモ周りにゆとりのある、弱テーパード・ストレートモデル。

私がデッドストックから穿き込んだ60年代初期のリーバイス501XXをベースに、腰・モモ周り・脚のラインをわずかに絞り、裾に向けて緩やかにテーパーをかけてあります。ジャストで穿けば意外とすっきり、ダボっと穿けばXXっぽさが出てきます。
※1st, 2nd, 2nd CRは同じシルエットです。

ゆとりが生み出す、モモの下がりヒゲ、全体のドレープ感によって、ヴィンテージライクな色落ちに育ちます。

本体価格:22000円(税抜)

徹底解説「bridge 2nd CRってどんなジーンズ?」 実際の色落ちを見る 着用写真をチェック 3rdと2nd CRのシルエットを比較する ウェブストアで在庫を確認する