denim bridge

ジーンズを育てる楽しみを味わってください!

bridge 3rd

お知らせ

More

革パッチがお客様の目に触れるまで

bridgeの革パッチがお客様の目に触れるまで、どんな工程を経ているのか、順番でご紹介します。

1.革の抜き出し

まずは、エムピウさんで革を四角に。

元は、大きな一枚の革。

これをbridge用に作った型で抜きます。
IMG_7643
この時点での革の厚みは、約1.6ミリ。経年変化や硬さなどを考慮すると、ちょっと厚すぎるので、この後、薄くします。
参考:革パッチ・ミネルバ リスシオ1ミリ厚(洗濯7回、着用100時間)

2.革漉き

四角く抜いた革を薄くする為に、浅原革漉所に持ち込みます。
IMG_7648
IMG_7649

1.6ミリを1ミリまで薄くします。右手に持っているものは、厚みを精密に測る為の計器。
IMG_7646

動画も撮ったのでご覧ください。厚みを確認しながらの丁寧な作業が伝わると思います。

余談ですが、革の種類や、同じ革でも部分によって、刃の入り具合が変わってくるので、均一な厚さにするには職人の腕と経験が必要なようです。

革を薄くしたら、こんどは刻印を入れます。

bridgeの刻印入れ

田中箔押し所さんに革を持ち込んで「bridge」と焼印を入れてもらいます。
IMG_7652

こんな機械で文字を焼き入れます。
IMG_7651

上に刻印をセットして、レバーを下げてグ~ッと下の革に押しつけます。
IMG_7650

革の厚みが1ミリととても薄いので、力加減が難しいです。力を強く入れ過ぎると抜けてしまうし、弱すぎると文字がしっかり出ない。焼くので当てる時間も気を使うと思います。長く当てるとと焦げて文字が割れたり、短いと文字が薄くなる。
この作業は、エムピウさんで自分でやった事があるので、難しさがちょっと分かります。
参考:革パッチに焼印を
結局、プロにお願いするのが一番です。

ここまでやって、革の仕上がりはこんな感じ。
IMG_9362
この革ですが、本来、エイジングを楽しむ財布などに使われるものです。経年変化が激しく、日焼けも起こしやすいので、紙にくるんだ状態で箱に入れて保管しておきます。
そしてそのまま、縫製現場へ送ります。

ジーンズへ縫い付け

bridge 3rdの縫製はDouble Volante(ダブルボランチ)の國吉さんが担当。
IMG_9144

丁寧に針を落としていきます。
IMG_9560
きれいな革に綺麗なステッチ。最高です。

サンプルを縫ってもらった時の動画もあるのでご覧ください。
國吉さんが初めて縫う革なので、針の進み具合を確認しながら、じっくり縫っています。

これで完成といきたいところですが、最後に秘策を。

遮光布で覆う

経年変化を最大限に楽しんでもらいたい、という想いで、遮光布で覆うアイデアを思いつきました。
IMG_9493
こうする事で傷や日焼けを防ぎ、なるべくスッピン状態で皆様へお届け。
穿き込む方が、遮光布を外した瞬間からエイジングがスタートする。そんなイメージです。

どう育てる?

一見、シンプルでなんって事ない革パッチですが、実はこれだけ職人さんの手間と技術、そして工夫が詰まっています。

後は、穿き込む方の育て方次第。日光浴させてもよし。柔らかい布で擦って艶を出してもよし。オイルを入れる方もいますし、何も気にせず洗いこんで、乾いた質感にする方も。

デニムの色落ちと同様に、革パッチの成長も楽しんでいただければと思います。

112103

生地サンプル・無料配布中!

生地サンプル・無料配布中!
現在、2種類ある生地のサンプルを無料で配布中です。 各デニムの特徴を肌で感じてみてください!

bridge 3rdってどんなジーンズ?

fleximg

色落ちにこだわる、細めのストレートモデル

すっきりキレイ目で穿きたい。でも色落ちにはこだわる。そんな方にお勧めのジーンズです。


このジーンズの縫製は、沖縄のデニム工房「Double Volante」の國吉さんが担当。
1人だけでジーンズ1本を縫い上げるという、今の時代には希少で贅沢なモノ作りになっています。
denim bridgeとDouble Volanteのこだわりをぶつけ合った作品です。

本体価格:24000円(税抜)

基本仕様を知る 製作過程を見る 実際の色落ちを見る 着用写真をチェック 3rdと2nd CRのシルエットを比較する ウェブストアで在庫を確認する