bridge 1st lotがリペアで帰ってきました。

bridge 1st lotが、リペア依頼で帰ってきました。
今回は、ステッチの入れ直しで済むので、私自身で直します。

クリックできる目次

股部分のリペア

今回のリペア箇所は、こちら。
IMG_8427
股部分のステッチが切れています。
ここは、フロントボタンを開けた時に、とても負担がかかる部分。
IMG_8430
普通のジーンズは、この部分にカン止め(バータック)を入れて強度を高めています。
しかし、bridge 1st 2nd lotでは、参考にした60年代のXXに倣ってシンプルに縫ってあります。

入れ直す糸は、元通りの綿糸。
IMG_8434

なるべく近い色を選びます。
IMG_8436

ステッチを入れ直して完了です。
IMG_8437
元の状態に戻しただけだと、また切れる可能性があるので、hands-onさんのアドバイスを受けて、見えない工夫がしてあります。

bridgeのリペアに関して

bridgeのリペアですが、簡単なステッチの入れ直しは、私が無償で行います。
その為に、岡山でジーンズの縫製の勉強をしてきました。
参考記事:「自分でジーンズ1本縫ってみた

糸切れの箇所、状況によっては、私では対応できない場合があります。
お直しをご希望の際は、予めContactからご連絡ください。

ダメージが進行すると、難易度が上がります。
私の技術を考え、お早めにご連絡いただけると助かります(汗)

クリックできる目次
閉じる