denim bridge

ジーンズを育てる楽しみを味わってください!

bridge 2ndの色落ち

お知らせ

More

パックマンさんのbridge 2ndの色落ち

IMG_0703

パックマンさんのbridge 2ndの色落ちをご紹介します。
お尻がパックリ割れてリペアで帰ってきました。この色落ちを見て、私の目はすっかりハートマークになってしまいました。

着用データ:

<着用環境>
1年4カ月。
穿き始めから1年は寝るときも着用。

<洗濯>
洗濯回数4回。
洗剤は家にあるものを適当に少量使って。
乾燥機は不使用。

全体

後ろ

細かく入ったハチの巣の表情は、感動ものです。
IMG_0661

レングスが長いせいか、すっきりしたシルエットの印象を受けます。
膝に向かって強く長く出たヒゲ。
IMG_0662

クローズアップ

バックヨーク

本来2色のステッチですが、退色して色の差が僅かに。
パッカリングによるインディゴの陰影
IMG_0710

ベルトループ

色落ちで立体感が強調されています。
IMG_0711

革パッチ

艶があってきめの細かさを感じる革です。
ベルトなしで穿いているのかな~と想像します。
IMG_0705

ピスネーム

現行品には付いていない旧タイプの白タブです。BRIDGEの文字が浮かんできています。
IMG_0707

飾りステッチ

バックポケットの飾りステッチは、痩せてきて切れる直前です。
アーチステッチは黄色の綿糸、水平ステッチは茶色の麻糸です。どちらも色落ちしていますが、質感が違う印象を受けます。麻糸の方がボサッとした感じ。
IMG_0708

隠しリベット部分

盛り上がり部分のステッチが切れています。
IMG_0712

尻合わせ

ステッチが切れてパックリ。
綿糸なので切れます。
IMG_0709

前腰全体

腰回りのゆとりから、皺の入り方が弱いです。
IMG_0723

フロントボタン

うっすら出たフロントボタンのアタリ。
IMG_0724

トップボタン

新品時はこげ茶一色ですが、凸部・エッジの色が剥げてきて立体感が出ています。
IMG_0719

ポケットの袋布

denimbaネーム。
IMG_0730

かすれてきたhands-onスタンプ。
IMG_0728

インシーム

細かく波打つ、折り返した生地の端。
IMG_0722
IMG_0727

膝周り

皺が狭く入ったハチの巣。濃淡が美しい。
IMG_0717
IMG_0716

膝を横から撮影。
膝頭から膝裏にかけてヒゲが繋がっていきます。
IMG_0725
IMG_0726

モモ

強く入ったモモの下がりヒゲ。
IMG_0721
ヒゲの下の濃いインディゴが、まるで影の様に見えます。こういったエッジの効いたヒゲは、ヘビーオンスでは出にくいです。
IMG_0720

最後に

ここまできて、裾の写真を撮り忘れたのに気が付きました。いい色落ちだったのに・・・。

それにしても、このパックマンさんの穿き込みっぷりには感動しました。どこを切り取っても素晴らしい色落ち・経年変化でしたね。
あらためて、ジーンズの魅力を感じられました。

パックマンさん

この2ndは、きっとセミリタイアでしょうね。
パックマンさんの3rdの色落ち、とても楽しみです!
パチンコの際には、お尻に気を付けてくださいね(笑)
ダメージが出たら、またお任せください。

いつも応援、ありがとうございます。

shingo

生地サンプル・無料配布中!

生地サンプル・無料配布中!
現在、2種類ある生地のサンプルを無料で配布中です。 各デニムの特徴を肌で感じてみてください!

bridge 2nd CR /01ってどんなジーンズ?

fleximg

腰・モモ周りにゆとりのある、弱テーパード・ストレートモデル。

私がデッドストックから穿き込んだ60年代初期のリーバイス501XXをベースに、腰・モモ周り・脚のラインをわずかに絞り、裾に向けて緩やかにテーパーをかけてあります。ジャストで穿けば意外とすっきり、ダボっと穿けばXXっぽさが出てきます。
※1st, 2nd, 2nd CRは同じシルエットです。

ゆとりが生み出す、モモの下がりヒゲ、全体のドレープ感によって、ヴィンテージライクな色落ちに育ちます。

本体価格:22000円(税抜)

徹底解説「bridge 2nd CRってどんなジーンズ?」 実際の色落ちを見る 着用写真をチェック 3rdと2nd CRのシルエットを比較する ウェブストアで在庫を確認する