denim bridge

ジーンズを育てる楽しみを味わってください!

日記

お知らせ

More

エムピウさんで、革パッチ、刻印の打ち合わせをしてきました。

今日は、エムピウさんにおじゃましてきました。

目的は、

  1. パッチに打つ刻印の手配のお願い。
  2. 革を抜く型の手配のお願い。
  3. 革の厚みの調整。
  4. hands-on Jeans 2nd 用の革の調達。

1.刻印

革パッチには、ジーンズの名前を文字で刻印します。(名前は、刻印ができたら発表しますね!)

文字のフォントの種類は?形は?太さは?
文字の太さは?大きさは?
刻印した時の見えかたの違いは?
焼印との相性は?

まだ、決定はしていませんが、あまりデザインデザインしていないシンプルなものにします。

2.革を抜く型

スタンダードに、タテ6.5センチ、ヨコ8センチの長方形のパッチにします。
左下に小さめに文字を入れる予定です。
(小さめとは言っても、どれくらいにするのか?ちょっとした事ですが、意外に悩みます)

革の厚みの調節

現在、革の着用テストで付けている革は、厚みが1.6mm以上あります。
少し厚すぎるかな~と思うので、厚さを1mmに漉いてもらいました。
薄くする事で、すぐにちぎれて取れてしまうのはNGですが、長い時間をかけて割れたり、クタッとしてくるのはOKです。

機械で漉いている様子を撮影させてもらったのでご覧ください。

革漉き機ってこんな使い方をするんですね!

村上さん、撮影ご協力ありがとうございました。

このパッチは、またジーンズに縫いつけて実践テストします。

091403

hands-on Jeans 2nd 用の革

私のジーンズ作りをサポートしていただいている、ハンズオンが現在、オリジナルジーンズの第二弾を制作中です。


オリジナルジーンズ 2ndモデル 製作4|ジーンズリペア&リメイク工房 hands-on 日記

そのジーンズのパッチに使う革を調達してきました。

革は大事に保管されています。
091404
紙に巻いてビニールでくるまっています。
タンニンなめしの無染色、スッピン革。

エムピウ村上さん自ら、程度のいい部分を切り分けてくれました。
091401
(村上さん、フェローズのジーンズを穿いていますね。バックポケットの黄色いボタンが見印)

今日は、とても実りのある一日となりました。

村上さん、いつもご協力ありがとうございます。

村上さんが、納得して穿いていただけるようなジーンズを必ず作ります!!

生地サンプル・無料配布中!

生地サンプル・無料配布中!
現在、2種類ある生地のサンプルを無料で配布中です。 各デニムの特徴を肌で感じてみてください!