bridge S Antique

Category
一点物で革パッチを製作

一点物で革パッチを製作

bridge SAのカスタムオーダー品用に、一点物で革パッチを作りました。 ミネルバリスシオという革に焼き印を入れました。 お客様のSNSのアカウント名と製作した日付も入れました。記念すべき令和1本目の製作です。 bridgeでは、今までbridge S Antiqueというモデルでカスタムオーダーを受け付けてきました...
ユニークなバックポケット

ユニークなバックポケット

bridge S Antique<セミオーダー>でご依頼いただいた、ユニークなバックポケットの1本をご紹介します。 DB18デニムで作りました。 形はLEEっぽく。ポケット口は広めで耳使い。ピスネームも付けました。 ポケット口角は、打ち抜きリベット仕様。 サスペンダーボタンは無しで、パッチは左右腰に。 左腰には紙パッチ...
紙パッチにDB18-003 SAとスタンプ

紙パッチにDB18-003 SAとスタンプ

DB18デニムで作ったbridge S Antique<セミオーダー>をご紹介します。 紙パッチに、お客さまが考えた文字列をスタンプしました。 ” DB18-003 SA ” 右バックポケットには、未着色のヌメ革・ミネルバリスシオ(初期のパッチ)を少しカットして縫い付け。 マジックでサインも入れ...
革パッチの上にシンチ

革パッチの上にシンチ

bridge S Antique<セミオーダー>で、お客さまのご要望。 革パッチの上からバックシンチを縫い付けています。 革パッチは通常の位置で、バックシンチを長めに作りました。
バックポケットの外周ステッチ

バックポケットの外周ステッチ

bridge S Antique<セミオーダー>で、ユニークなバックポケットの縫い方をしました。 お客さまからのご要望です。 ポケット口の左右を三角にステッチ 外周のステッチは1本だけ。 1本でも、とても細かいピッチで縫っているので、強度的には普通のジーンズより上だと思います。 仕上がってみたら、想像以上にカッコ良かっ...
ボタンホール

ボタンホール

私自身が足踏みミシン1台で縫っているモデルbridge S Antiqueですが、ボタンホールだけは専用のミシンであけてもらっています。 Double Volante(ダブルボランチ)國吉さん いつも助けていただき、ありがとうございます!
革パッチにピスネームを挟んだbridge S Antique

革パッチにピスネームを挟んだbridge S Antique

bridge S Antiqueで個性的なオーダーをいただいたのでご紹介します。 革パッチにピスネームを挟み込みました。焼き印とネームが隣り合わせでダブルブリッジ(bridge X BRIdGE) バックヨークは、表から見えるステッチをシングルに。実際は2本のステッチで縫い合わせているので、強度は問題なしです。 左右の...
ポケット口を耳使いにしたbridge SA

ポケット口を耳使いにしたbridge SA

オーダーいただいたbridge S Antiqueが珍しい仕様だったのでご紹介します。 ポケット口を耳使いにしました。 生地使いが、身頃は縦、バックポケットは横になるので、縮むとバックポケットに少しヨレが出るはずです。色落ちも楽しみです。 コインポケットは元々、耳使いですが、ここも耳が表に出るように。bridge SA...
片ポケ仕様のbridge S Antique

片ポケ仕様のbridge S Antique

バックポケットを一つだけにする片ポケ仕様のbridge SAのオーダーが入りました。01生地です。 シボ感の強いミネルバボックスの革パッチ。※シボの具合は、個体差があります。 針なしタイプのバックル、ダブルステッチのベルトループ、シルバーのサスペンダーボタン。 白いピスネームを追加。 ウエスト帯に耳がくるように。 ヒヨ...
T.Kさんのbridge SA メイキング(コマ送り撮影)

T.Kさんのbridge SA メイキング(コマ送り撮影)

T.Kさんからオーダーいただいたbridge SA<セミオーダー>です。 01生地で片ポケ仕様。 作っている様子をコマ送り撮影してみたのでご覧ください!(音声なしです。) 裁断 ボタンホールを開けるパーツ(ウエストとヒヨク)は、すでに裁断済みなので出てきません。 前身頃と後ろ身頃作り 前身頃と後ろ身頃を合わせる ウエス...